サービス付き高齢者向け住宅「白山台やすらぎ館」

みまろぐクラウド

利用者さまやご家族に安心・安全をお届け

当施設には、最先端のICTを使ったシステム「みまろぐクラウド」が導入され、利用者さまやご家族に安心・安全をお届けします。

利用者様にとっての、安心・安全な施設とはどんなものでしょうか。
「白山台やすらぎ館」の安心・安全をサポートするしくみ「みまろぐクラウド」をご紹介します。

居室内には人感センサーが設置され、利用者がトイレに入った時間と回数をモニターしています。

また、現在の場所や日々の活動量も確認します。

さらに人感センサーと合わせ設置されたドアの開閉センサーは出入りの時間と回数を24時間見守り続けています。

ベッド近くにはバイタルセンサーが設定され、利用者さまの呼吸や脈拍、胎動のモニタリングを通じて居室での生存状態を検知しています。

認知症フロアの出入りを通行センサーとカメラが検知することで常に安全をケアします。

館内の温度と湿度をスポットごとにモニターすることで快適な環境が保たれ、ノロウイルスやインフルエンザなどの感染症予防に効果が見込まれます。

ナースコールシステムからコールのあった期間、利用者、対応職員、対応時間などのデータも記録します。

ナースコールシステムには通話機能が設けられ、利用者さまがご家族と話したい思ったときにすぐ簡単に電話で通話できる設定が可能です。

これら人感センサー、ドア開閉センサー、温度センサー、バイタルセンサー、ナースコールのデータ記録に体温・血圧などの日常的な健康チェックの記録を組み合わせ、有用な情報をクラウド上で収集し連携します。

これらの総合的なデータを活用し、利用者様それぞれのライフサイクル予測を作成、これを元にそれぞれのニーズに合った心のこもったケアを提供できます。

また、みまろぐクラウドは、PCやスマホからのアクセスも可能。
施設スタッフの業務やご家族との情報共有にも役立てることができ、安心のクオリティーアップを図れます。

利用者さまの健康と安全を見守るICTシステム「みまろぐクラウド」、そして最先端のシステムをいち早く導入した「サービス付き高齢者専用賃貸住宅 白山台やすらぎ館」。利用者さまとご家族の安心・安全をトータルにお約束する新しい時代の施設です。

 

TOPへ